乾燥肌の悩みも消え去ります|化粧品で悩み解決

女の人

肌は菌が守ってくれている

レディ

顔の肌が悪くなる原因

皮膚というものは、表皮常在菌という菌に守られており、にきびができる原因となるアクネ菌やカビなどを退治してくれる働きを行なってくれています。しかし、身体の肌は大丈夫でも顔の肌だけは荒れやすく乾燥もしやすいということがあり、肌ににきびができてしまうため、それが多くの人が悩みの種となっています。その理由は、顔に化粧をしたりクレンジングをすることなど、表情にだけしっかりと清潔にしようとやたらと洗顔を行なうためです。アクネ菌やカビなど皮膚にとって悪い菌を洗い流すことができるのですが、それと同時に表皮常在菌も一緒に流してしまい、皮膚を守る菌が少なくなっているために起こる現象なのです。身体も洗いますが、顔のほうが洗う回数は多かったり汚れを落とす効果の強いものを使っていたりするのです。

皮膚の菌を守るために

しっかりと清潔を保つために洗うのは良いですが、皮膚を守る菌を維持するために皮膚を洗う際は刺激の弱いものを使うほうが良いです。表皮常在菌を保つことによって悪い菌が寄り付かなくなり、にきびのできにくい皮膚にすることができます。洗顔する際は洗顔フォームよりも石鹸のほうが肌に優しいといわれています。なぜ石鹸のほうが良いか、その理由は石鹸には含まれていない洗顔フォームだけに含まれる配合成分が、人によっては肌に強い刺激を与えるといわれています。石鹸を使うときは洗顔ネットで泡を立てて、その泡で皮膚をさするように汚れだけを落とすように洗うのが良い方法です。ごしごし洗うと肌に悪く、表皮常在菌も落とす量が多くなります。にきびの原因となるアクネ菌やカビなど寄せ付けないためにはもちろん、ストレスや生活習慣を改善させることが必要ですが、皮膚を守る菌を維持するのも大切なことなのです。