乾燥肌の悩みも消え去ります|化粧品で悩み解決

ウーマン

最新の方法で化粧が可能

女の人

エアブラシを使用したメイク方法が最近では注目を集め、徐々に人気が高まっています。使用することによって、キメの細かいベースが作れる点やトラブルなどをカバーできる点が人気です。まずは専用のキットを購入して利用することをおすすめします。

もっと読む

刺激が少ないものを使う

微笑む女性

体質により異なる

乾燥肌の人は皮脂の分泌が少なく肌がかさかさして柔らかさがなくなっているため、化粧品を選ぶときは慎重にする必要があります。乾燥肌は刺激に対して敏感に反応するため、刺激が大きい成分を含んだ化粧品は避けるべきです。たとえばアロマやアルコールや着色料を含んだ化粧品を使わないようにするのが安全です。肌にいいと言われているアロマも成分により、非常に刺激が強いものがあるのです。また自然化粧品やオーガニックコスメのような化粧品であっても、肌にダメージを与える成分を含有していることがあります。どのような成分が含まれているのか、しっかり確かめてから使うようにします、特に初めて使う化粧品の場合はまずサンプルを使ってから、体質や肌に合うかどうか確かめてからでも遅くないのです。

自分に合ったものを選ぶ

乾燥肌の人向けの専用化粧品として様々な商品が発売されていますが、必ずしも乾燥肌の人すべてに合っているわけではないのです。アレルギー反応は個人差によるところが多く体質によっては、無添加のものであっても強い刺激を受ける人もいるのです。まず化粧品を使用してみて肌に刺激を感じるようであれば、違うものに変えてみるのもいいのですが使用法を変えることでも刺激が収まることがあるのです。重ねて化粧したり、手で押さえるようにして塗るなど工夫するとうまくフィットすることがあります。またその日の体調によっても肌の状態は違うので水分を多く肌に与えたり、肌がかゆいときは保湿に重点をおいて化粧するようにします。使っている化粧品に強い刺激を感じたら少し使用を控えて様子を見てみるといいです。

蒸れや体重をかける

お尻

お尻は普段から下着などで包まれていて、風通しが悪く蒸れやすいのでニキビが発生しやすいのです。お尻のニキビ対策には、プラセンタエキスやコラーゲン、ヒアルロン酸を含んだ保湿ジェルが効果があります。またピーリングで洗浄するのもいいです。そして食生活を見直し睡眠をしっかりとるようにします。

もっと読む

肌は菌が守ってくれている

レディ

実は皮膚には表皮常在菌という、皮膚を悪い菌から守ってくれるものが存在しています。洗顔でしっかり洗うとその金を洗い流してしまい、顔の肌だけがにきびなどできて荒れやすくなるという人が多くいます。表皮常在菌を維持するために洗顔フォームよりも石鹸を使うと良いといいます。

もっと読む